キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。

ささゆりの湯キャンプ場 〜下見してきました〜

串原温泉ささゆりの湯キャンプ場

ささゆりの湯キャンプ場

岐阜県恵那市串原3111-4

名古屋から下道で2時間弱、ささゆりの湯キャンプ場へ下見に行ってきました。

途中の山道は紅葉真っ盛り。

赤や黄色の葉が青い空に映えます。

愛知県豊田市からもアクセスが良いため、豊田ナンバーや名古屋ナンバーの車が多く賑わってます。

売店

まずは、受付行ってみました。

地元野菜やビール、お肉も扱ってるお店が併設されてます。

f:id:camp-camp-camp:20171112162500j:image

里芋、スーパーでは超高い葉物野菜がワンコインで買えます。(もちろん買いました。)

f:id:camp-camp-camp:20171112162544j:image

f:id:camp-camp-camp:20171112162554j:image

 外に出て、キャンプ場が見渡せる丘へ。

f:id:camp-camp-camp:20171112162627j:image

 日曜日の午前中ということもあり賑わってます。

f:id:camp-camp-camp:20171112162643j:image

キャンピングカーも停まってました。

 温浴施設

この丘の後ろにはささゆりの湯という温浴施設があるのですが、今はリニューアルのため閉館中。来春からオープンだそうです。

f:id:camp-camp-camp:20171112162900j:image

 

このキャンプ場、利用料金が一台1,000円でいいそうです。

破格の安さと設備の良さ。

人気があることに納得。

 

ここなら冬キャンプできるかも…

ただ我が家の車はスノータイヤじゃない。

タイヤ交換した場合、はいていたタイヤは車屋さんで保管してくれるのかしら…

タイヤ突き返されたら困るなぁと思ってます。

 

 

 

 

平湯キャンプ場〜アスガルド設営〜

平湯キャンプ場

個人輸入で購入したアスガルド。

試しに設営しようしようと思いつつ、時は流れ(天気も悪かったし)キャンプで初張りとなりました。

 

平湯キャンプ場は林間サイトで車もとめれて区画がきっちり決められてないとこが魅力的です。

選ぶ場所によってすごく広いとこもあり。

なので初張りにはちょうどいいだろうと行ってきました。

 

f:id:camp-camp-camp:20171110125839j:image

4メートル×4メートルのグレーシート。

f:id:camp-camp-camp:20171110125914j:image

せっせと広げてます。

f:id:camp-camp-camp:20171110130004j:image

中にポールが1本と、入口に三角のポールを建てます。

簡単と聞いてたけど、大型テントなのとペグ打つ本数がやたら多くてバテました。

 

でもひろーい!

広い、広い!

猫背にならなくてもテント内移動できるじゃん。

f:id:camp-camp-camp:20171110130320j:image

入口からタープをはって完成です。

 

寒さが予想されたので、グランドシートのうえに段ボール、銀マットをひいてカーペット敷きました。

段ボールは最終日に焚き火になるし、便利ですね。

ホームレスの人たちが段ボールを活用してるのがわかります。

 トヨトミレインボーストーブ

夕飯時はシチューの煮込みにトヨトミレインボーストーブ。

夜は寝る時にトヨトミレインボーストーブ。

f:id:camp-camp-camp:20171110130754j:image

 

最低気温−4℃でしたが風邪もひかず快適に過ごせました。

 

冬キャンプもしてみようかしら…

 

 

 

 

平湯キャンプ場〜寄り道〜

水明館 佳留萱山荘 新穂高温泉

先日行った平湯キャンプ場から車で30分のところにある、新穂高温泉へ帰りに寄ってみました。

新穂高ロープウェイには何度か行ったことありますが、新穂高温泉は初めて。

 

行ったのはココ、水明館 佳留萱山荘が管理している露天風呂。

f:id:camp-camp-camp:20171022155435j:image

http://www.karukaya.co.jp/

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555

f:id:camp-camp-camp:20171022154136j:image

 

水明館は下呂温泉にある有名旅館。

私は下呂温泉の水明館しか知らなかったので、新穂高温泉にも水明館があるのかぁと驚き、なおかつ、この露天風呂が混浴ということでさらに驚き…

露天風呂の隣はキャンプ場になってることにまたまた驚きました。

キャンプ場から露天風呂、丸見えじゃん!

 f:id:camp-camp-camp:20171022155510j:image

安心してください。

女性はタオルつけて入浴もしくは、湯浴み用の簡単な服のレンタル(300円)での入浴可能。

水明館 佳留萱山荘の受付で支払いを済ませ、湯浴み用の服を借りて入りました。

 

晴れた日曜日だったため、かなりお客さんが多かったです。

女性がちらほら。

男子がたくさん。

ここの露天風呂はお湯の量が豊富で温泉もかなり深かったです。子供から目を離せません。

 

露天風呂の隣は浦田川が流れ、山々が色づき、青空の下でゆっくりのんびりできます。

周りを気にしなければ…

 

私も10年前なら入らなかったなぁー。

強くなりました。

 

露天風呂には、ほとんど隠してないおじさんみたいなおばさんがいたりして驚きました。

おじさんなんて丸見えだし。

 

改めてまだまだ知らない世界があるなぁと思った一日でした。 

平湯キャンプ場 〜秋キャンプ〜

平湯キャンプ場 〜秋キャンプ〜

先日行った平湯キャンプ場では、朝晩はかなり冷え込みました。

 f:id:camp-camp-camp:20171016223834j:image

私たちの装備は…

シュラフは夏用3つとNanga の合計4つ。

湯たんぽ1つとホッカイロ。

 

✳︎次男にNanga

✳︎長男には夏用シュラフと湯たんぽ&ホッカイロ。

✳︎大人は夏用シュラフとホッカイロ。

    あとはたくさん着込んで寝る。

 

まず次男はふかふかもこもこ、朝までぐっすりでした。さすが、Nanga!

長男は湯たんぽとホッカイロで蒸し焼きにされたようで、夜中に『あつい!あつーい!あつい!』と起きました。

大人2人は言うまでもなく、寒かったです。

私は途中から次男のNangaにもぐりこみ一緒に寝ました。

そこから、夫は私は夏用シュラフをさらに巻き、シュラフ二枚重ね。

これはなかなか暖かかったようです。

 

シュラフの重要性が身にしみました。

 

そしてみなさんの秋冬の装備が素晴らしかったです。

ストーブも持ってきてる方がたくさんいました。

 

ニッセン石油ストーブ ゴールドフレーム

帰宅してから実家へ行きストーブ探し。

 f:id:camp-camp-camp:20171016222515j:image

2002年に母からもらったニッセンの石油ストーブ。(日本船燈株式会社)

これをもらった当時はかっこいいストーブだけど使いづらいな…と思ってました。いまとなっては一生の宝物です。

芯を替えて大切に使います。

トヨトミのレインボーランタン

f:id:camp-camp-camp:20171016223134j:image

もう一台はトヨトミのレインボーランタン。

これは母が使っていたものです。

火をいれてみました。

f:id:camp-camp-camp:20171016223434j:image

ゆらゆらと優しい炎で部屋が温まります。

消火後の灯油の匂いがすごく懐かしい。母を思い出して少し泣けました。

 

狭い家に石油ストーブ2台…

どっちをキャンプに持っていこうかな。

秋、冬キャンプが楽しみです。

 

NORDISK アスガルド 〜個人輸入〜

NORDISK アスガルド 〜個人輸入〜

つ、ついに買ってしまいました。

NORDISK アスガルド12.6とジップインフロア。

日本の正規代理店で購入すると、アスガルド12.6とジップインフロアのセットで156,000円+税金。

 

アウトドア用品個人輸入サイト

私はドイツのOutdoorfairというサイトを利用しました。

https://www.outdoorfair.de/c-en-620-nordisk.aspx

英語対応しているので、英語がムリという方以外はわかりやすくて使いやすいサイトだと思います。

※Nordisk Alfheim 19.6 Organic(19.6㎡と広すぎますが、このサイズのみオーガニックコットンテント)の取扱いがあります。また、人気のHilleberg Keron 4 GT(軽量で強度の高い4人用テント)等数多くのテントメーカーの取扱いがあります。

 

テントとジップインフロアで €713.40

送料 €93

合計€806.40

日本円換算するとざっと107,000円。

日本到着時に通関で関税(  7400 円)がかかります。

 

クレジットカード払いにしました。€かUSDで支払いをするか選べます。

レートによりますが、購入時点では€のほうが少し安かったので€払い。

 

到着までの日数

f:id:camp-camp-camp:20171002210048p:image

DHLで発送されたとのメールでの返信がありました。

AWB Airway Bill で貨物がどこにあるか検索可能です。24時間たたないと反映されないようです。

DHLのウェブは日本版では反映されず、出荷国であるドイツ版で検索したら出てきました。

https://www.dhl.de/en/paket/information/sendungsverfolgung.html

f:id:camp-camp-camp:20171004085232p:image

日本に向かっているとのステイタス。 

f:id:camp-camp-camp:20171004160130p:image

日本に到着し、税関通るの待ち。

 f:id:camp-camp-camp:20171011145351p:image

 出荷してから到着までおよそ  12日でした。

Outdoorfair 他の方の説明通り信頼できるサイトです。そして日本への出荷も慣れている!

 

f:id:camp-camp-camp:20171013170355j:image

 

インスタグラムのフォロワーさんから試し張りに良い公園をいくつか教えていただいたので試し張りしたいとこです(ずっと雨)

 

 

 

 

 

うるぎ星の森オートキャンプ場 〜

うるぎ星の森オートキャンプ場 

名古屋市内から車で2時間、高速道路使わずに行ける長野県売木村にあるうるぎ星の森オートキャンプ場へ、三家族で行ってきました。

http://www.hoshinomori.jp/

長野県下伊那郡売木村2653-3

 

母の実家が愛知と長野の県境にあり小さい頃からこの周辺にはよく行ってたのですが、売木村というところは初めて行きました。

高速道路使わずに行けるのでお手軽〜と思ってたのですが、かなりのクネクネ道…酔いやすい方はご注意下さい。

今回は姪っ子が嘔吐しました。

私も幼い頃、この山道で何回も嘔吐したことを思い出しました。

 

お昼前にキャンプ場に到着し、受付の方に早くチェックイン可能か聞いたところ、10:00-14:00までにチェックインする場合は、アーリーチェックインとなりますとのこと。(1サイトにつき2,000円かかる)

管理棟は建物の下部が石壁になっていて、上部は木造で、とても大きな薪ストーブの煙突が見える。すごくおしゃれな管理棟。

ここにはコインランドリー併設されていたので、まずは嘔吐まみれになった洋服を洗濯&乾燥。

 

管理棟内のトイレとシャワーも覗いて見ましたがすごくきれいでした。

炊事場の水場は水と温水が出るようになっているので、寒い日の洗い物もラクラク。

 

 管理棟のすぐ脇には子供が遊べる公園があり、家族連れがたくさん。

今回は三家族並びで取れる電源付きサイト(5,400円)を利用しました。

 f:id:camp-camp-camp:20170924210138j:image

ここのキャンプ場は虫が少ないので快適に過ごせます。

ご近所さんたちも子供連ればかりなので夜も早いです。

私たちは子供達を寝かした後に焚き火タイムを楽しみました。今回は大量の薪を持参してくださった友人たちに感謝。

ただ火の粉が舞って、スノーピークのタープに穴が空きました。

夫がタープ、、、と一瞬、落ち込んでました。

ドンマイ!

 夜は雲の合間にたくさんの星が見えました。

 

f:id:camp-camp-camp:20170924210647j:image

 今回は三家族と大人の数もそこそこいたので設営と撤収が素早くできた(気がします)。

 f:id:camp-camp-camp:20170924211540j:image

 朝ごはんは、たらこスパゲティと前日の残りもの。

 

子供達もサイト内で泥団子作ったり、歌をうたったりと朝から晩まで賑やかに過ごせました。

 

稲武のどんぐりの湯

帰り道にキャンプ場から5kmほど離れた茶臼山高原スキー場で遊んで、稲武のどんぐりの湯に寄ってから帰路につきました。

 

どんぐりの湯はいつ来ても賑わってますね。

http://dongurinosato.com/hotsprings.html

 

私はここの道の駅で買える『米粉のパン』が美味しくて大好きです。

 

奥琵琶湖キャンプ場〜デイキャンプ〜

台風縦断

今年の三連休は台風縦断しましたね。

我が家も深夜からものすごい雨と風が吹き荒れ、外を見たら木の板らしきものが、バタバターと巻き上げられていました。

先日、夫が作ったシェルフコンテナ天板の切れ端の板を外に出しっぱなしにしてたっけ?と焦って確認しましたが、その板ではなかったです。

奥琵琶湖キャンプ場〜デイキャンプ〜

連休最終日は天気予報は晴れとのことだったので、デイキャンプしてきました。

最近よく聞く【デイキャンプ】ってなに?って感じですが。

英語辞書には載ってないので、日本だできた造語なのかしら?

泊まらないキャンプ。

日帰りキャンプのことだそうです。

ピクニックでいいじゃん、と思いながらデイキャンプと言ってみたりしてます。

 

奥琵琶湖キャンプ場へ。

滋賀県長浜市西浅井町大浦1796

http://okubiwako-camp.com/

 

朝、7時頃パラパラと小雨が降る中、出発です。北陸自動車道 木之本IC降りて20分ほどで到着しました。

 静かな湖畔が目の前にあるキャンプ場です。

昨日の台風の影響でテント場内を清掃していました。こちらもかなりの暴風雨だった様子。

 

今回は私の妹と姪っ子も参加しました。

夫はタープ練習。

妹は初テント設営。

 f:id:camp-camp-camp:20170919120516j:image

ロゴスのワンポールテント。

f:id:camp-camp-camp:20170919120531j:image

出来上がりはこんな感じです。

まだまだ改善点はありますが、女子1人でも設営可能は本当でした。

 カブトムシのプレゼント

f:id:camp-camp-camp:20170919120701j:image

 

テント場内を清掃していた方からカブトムシのプレゼント!子供達は大喜びです。

最初怖がってた息子達も最後は触れるようになってました。

 

お昼ご飯はカレーライス。

ルーは2種類持参して(子供達は甘口)メスティンでごはん炊いてなんとか出来上がりました。

f:id:camp-camp-camp:20170919120926j:image

 前回、鹿嶺高原キャンプ場へ行った帰りに買ったヒノキの皿が大活躍です。

 

琵琶湖の湖畔はすごく静かで、クルミの木の下でしばらく楽しい時間を過ごしました。

私は初めてクルミの木というものを見ました!

f:id:camp-camp-camp:20170919121227j:image

台風の影響で実が落ちていて、姪っ子が遊びで実の皮を剥いてみたらクルミが出てきて気がつきました。

知らないことだらけ。

健康パークあざい

帰りは健康パークあざいに寄り道。

 http://www.kenkoupark.com/htm01/furo01.htm

 ここの温浴施設、(大人550円)すごく建物もきれいで施設も素晴らしく良かったです。

お食事できるところもあり、夕飯を食べました。この建物な裏手には芝生のゲートボール場あり。なんとも豪華な施設。

f:id:camp-camp-camp:20170919121800j:image

 f:id:camp-camp-camp:20170919121902j:image

もちろん味噌カツ丼たべました!

f:id:camp-camp-camp:20170919210810j:image

すごくサラッとした味噌で上品な味わい。本当に美味しいんです。

うまいうまい〜と皆でガツガツ食べました。

 

デイキャンプ、持ち物が少なくなるのでちょっとだけ楽でした。

そして1日だったけど楽しめました。

でもやはりキャンプしたいね〜。