キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。夏は標高の高い避暑キャンプ中心です。

アウトドアベース犬山キャンプ場 〜初!母子キャンプ〜

12月に入っても暖かい土日に愛知県犬山市にあるアウトドアベース犬山キャンプ場に行ってきました。

今回、夫は友人と別のキャンプ場に出かけたので初!母子キャン。

母子キャンだけではちと寂しいので、友人を誘って大人は女子だけ。

というか、年齢的にはご婦人だけ。

 

f:id:camp-camp-camp:20181205224212j:image

テントはアスガルド。

1人で設営も初めて。タープも焚き火もせず、テント内にお籠りキャンプということで荷物も最大限減らしました。

f:id:camp-camp-camp:20181205224512j:image

12月だしクリスマス近いからと思いつきで飾ったリース。

f:id:camp-camp-camp:20181205224609j:image

キャンプ前日にKALDIで買ったお菓子。

f:id:camp-camp-camp:20181205224806j:image

f:id:camp-camp-camp:20181205224833j:image

設営後にトムヤムヌードル。

話がそれますが、シンガポールラクサヌードルも美味しいです。

f:id:camp-camp-camp:20181205225139j:image

コープで買った冷凍シフォンケーキでティーパーティ。

f:id:camp-camp-camp:20181205225523j:image

夜は白みそ鍋。

f:id:camp-camp-camp:20181205225815j:image

鍋スープの裏面にあったレシピ通りに肉を巻き巻き。こういうのやってみたかった〜!

f:id:camp-camp-camp:20181205230007j:image

翌朝はホットサンドとサラダ。ホットサンドもキャンプでお腹がすいた子供達がペロリと食べました。

 

2018年の締めのキャンプ。

すごく楽しかったです。

テントの設営と撤収もなんとかできたことで達成感と自己肯定感を味わうことができました。

あとアスガルドのテント内のポールの上の部分にライトを取り付けたくて、でもチェアがない、ということで友人におんぶしてもらったり。今までにない体験。

 

これに味をしめて来年も母子キャンプやってみよかな。

 

帰りに、岐阜県可児市にある湯の華アイランドに行きました。

f:id:camp-camp-camp:20181205230821j:image

湯の華アイランドのパーキング横にオートキャンプ場を建設中とのこと。

どんなキャンプ場になるか楽しみです。

近いのでまたのぞいてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ささゆりの湯キャンプ場

11月にはいったけどまだまだ暑い日が多い名古屋から岐阜県恵那市のささゆりの湯キャンプ場へ行きました。

 

私たちは朝6時に名古屋を出て7時にささゆりキャンプ場に到着。

金曜日から降った雨でかなりぬかるんでましてが、金曜日の夜入りするキャンパーが少なかったため広い場所が確保できました。

 

f:id:camp-camp-camp:20181205132043j:image

 

今回は友人たちとアスガルド並べ。

ほかのキャンパー達も続々とやってきて大賑わいです。

ここのキャンプ場のコスパ最高(2,000円)

前回、閉まっていたささゆりの湯という温泉施設も今回入れました。

温泉施設の中は岐阜の木がたくさん使われている温かな空間。

天井も高くて広々快適。

 

夜は簡単にお鍋。

すきやき&とんこつ醤油鍋の2種類です。

f:id:camp-camp-camp:20181205132442j:image

鍋は準備が簡単でいいですね。

アスガルドならテント内でも鍋できるのですが、今回は外で。

寒いっ。

 

f:id:camp-camp-camp:20181205222558j:image

 

今回も友人作のスウェディッシュトーチでの焚き火。

 

子供達は朝から晩までキックボードとストライダー乗り回してました。

キャンプ場で初めて会う子ともすぐ仲良くなれるところは本当、感心します。

 

ささゆりの湯キャンプ場はチエックアウトの時間もそこまで厳しくないので朝、ゆっくりしてから撤収できるとこもいいですね。

 

紅葉に染まる山々を見ながら家路につきました。

明野高原キャンプ場

明野高原キャンプ場

お久しぶりです。
夫です。
知人と明野高原キャンプ場に行ってきました。
嫁&子供は留守番です。


f:id:camp-camp-camp:20181020174249j:plain



f:id:camp-camp-camp:20181020230502j:plain



今回は、知人の幕(テンマクデザイン サーカスTCビッグ)にお泊まりさせていただくことに。この幕、大きいですね!5m×5mほどあり広々。
ワンポールなので設営も簡単で機能的です。


f:id:camp-camp-camp:20181020174342j:plain

ここのキャンプ場は、乗馬スペースがあったり、釣り堀があったりと様々なアクティビティが充実しています。



f:id:camp-camp-camp:20181020230953j:plain

薪ストーブは、火力が強く料理がしやすいことに感激しました。


f:id:camp-camp-camp:20181020230922j:plain


ボルシチを作ってもらい、おいしくいただきました。
薪ストーブは煮込み料理に最適ですね。
いつもは子供が一緒なので簡単なバーベキューで済ませることが多いのでボルシチなんてオサレ料理をちゃっちゃっと用意してくれた知人に感謝です。


f:id:camp-camp-camp:20181020230940j:plain

このキャンプ場は、冬もやっていて雪中キャンプもできるようで、一度チャレンジしてみたいと思いました。

戸隠キャンプ場 〜1日じゃ足りない!〜

今回は戸隠キャンプ場に2泊し、真ん中の日に戸隠周辺で遊ぶことにしました。

 

戸隠神社

1200年ほどの歴史ある神社、平安初期には戸隠が山岳密教の霊山として注目されていた場所のようです。

鎌倉時代の頃には、戸隠は、高野山、比叡山に匹敵する一大霊場に数えられたといわれています。

まずは戸隠神社の奥社へ。

ここは戸隠キャンプ場から奥社の入り口まで2キロほどなので歩いても車でも行けます。

奥社の入り口から奥社までも2キロ。

子供いるし車にしました。

朝、8時半頃に奥社近くのパーキングに来たのですが紅葉シーズンと連休ということでかなり混んでます。

ずっとまっすぐな参道。

f:id:camp-camp-camp:20181014105709j:image

脇には立派な杉の木が。

樹齢400年と言われてるようです。

f:id:camp-camp-camp:20181014111053j:image

奥社はご朱印帳ブームによる列ができてましたが、御朱印集めはしてないので列を飛ばしてお参りしてきました。

 

忍者の里チビッコ忍者村

奥社をあとにして車で10分ほど走り、忍者の里チビッコ忍者村へ。

http://www.ninjamura.com/

子供達がやたらたのしみにしてました。

私は忍者ハットリくんしか知らないけどこんなに忍者に熱くなるファンがいるんですね。

でもここ、なかなか楽しかったです。

まずフードコートのメニューがかわいい。

f:id:camp-camp-camp:20181014111734j:image

カレーライスのライスが手裏剣になってる!

他にもハンバーガーやスィーツにも手裏剣や忍者らしいものがデコってありました。

 

忍者村には大きなアスレチックが多数あり、どれもスリル満点です。

自己責任でお楽しみ下さいという姿勢が徹底された施設で、みんな自由に楽しんでました。

 

神長官守矢資料館 空飛ぶ泥舟

最終日はキャンプ場をあとにし、諏訪湖方面へ。

まず訪れたのは、神長官守矢資料館。

藤森照信さんの建築物。藤森さんは長野県茅野市ご出身なんですね。

f:id:camp-camp-camp:20181014144818j:image

遠くに八ヶ岳が見える気持ちがいい場所。

この資料館の少し上には藤森建築でもある「空飛ぶ泥舟」

f:id:camp-camp-camp:20181014144958j:image

子供たちもこの建物はすごく気に入ったみたいであれはどうなってるんか?中はどうやって入るんか?とずっと質問してました。

人をワクワクさせる建築物って珍しい。

 

片倉館

諏訪湖近くの片倉館という旅館の別館になっている「千人風呂」へ。

ここがまた素晴らしい建築物でした。

国指定重要文化財にもなっている昭和初期に造られた建物の中に大きなお風呂。

f:id:camp-camp-camp:20181014145539j:image

お風呂はかなり深いので小さいお子さんお連れの方は要注意です。

溺れます。

f:id:camp-camp-camp:20181014145618j:image

二階のテラスから外に出て煙突を仰ぐ。

f:id:camp-camp-camp:20181014145702j:image

目の前は諏訪湖という素晴らしい眺望。

温泉施設のホームページには割引券もついてるので受付で見せてください。

http://www.katakurakan.or.jp/index.php

f:id:camp-camp-camp:20181014145901j:image

100円割引!

 

長野県みどころ満載すぎて時間足りません!

 

 

戸隠キャンプ場

戸隠キャンプ場

長野県の北部にある戸隠キャンプ場に友人ファミリーに誘われていってきました。

上信越自動車道信濃町のICから車で30分、ぐねぐね道ではないため、車酔いが不安な子供達でしたが元気に到着。

標高1,200mに位置し、戸隠連峰が見える広いサイト。

フリーサイトと区画サイトがあり、フリーサイトは予約不要。

 

値段は細かく決められているため、受付で確認が必要です。

f:id:camp-camp-camp:20181119090519j:image

今回はフリーサイトにしました。

アスガルドは3人以上のワンポールテントでした。

あとは車一台とタープ料金を支払いました。

 

緑の草がフカフカで石はないのでテントの中も快適。

f:id:camp-camp-camp:20181010194548j:image

戸隠連峰の紅葉をテントからゆっくり楽しむことができる!

 

トイレが新しくきれいで設置箇所も多く、シャワールームも脱衣所がありました。

キャンプ場内にある売店も登山靴まで売ってて驚き。

ベースキャンプで登山を楽しめる場所になっているため、登山客もたくさん見かけました。

 

直火はダメですが、焚き火台の上でスウェディッシュトーチを楽しみました。

f:id:camp-camp-camp:20181010195846j:image
f:id:camp-camp-camp:20181010195843j:image

友人が自宅で作ってくれました。

丸太にチェーンソーで切れ目をいれたものに、着火剤を入れて火を楽しみます。

(この日は台風の影響で風が強くて火の粉が飛び散りヒヤヒヤしましたが)

 

夕飯はBBQと、戸隠といえば蕎麦!

戸隠の名店で冷凍蕎麦を購入し、キャンプ場の冷たい水で締めた蕎麦が美味しかった。

f:id:camp-camp-camp:20181010200315j:image

戸隠そば うずら屋

戸隠神社の中社近くにある有名店です。

お店で食べるとなるとかなり並ぶので、冷凍蕎麦を購入しました。

うずら屋は天ぷらや山葵も絶品と聞いてたのですが、今回は蕎麦だけで我慢。

f:id:camp-camp-camp:20181010200654j:image

ちなみに冷凍蕎麦は3人前とつゆ付きで1,100円でした。

 

わさびチューブとネギを持ってきてなかったので戸隠にあるスーパーマーケットで調達しました。

次回、戸隠キャンプ場に行くことがあるときは、わさびチューブ、ねぎ、あと天ぷら揚げれるセット持参で来たいと思います。

 

 

コッパーケトルを磨いてみました

銅製のコッパーケトル、焚き火でお湯沸かしたりできて便利〜って使ってたら、もんのすごく真っ黒になってました。

そんな黒いのも良かろうと思ってましたが、先日行ったキャンプ場でお隣のサイトの方がコッパーケトルを使ってらっしゃって、そのコッパーケトルがおそらく古いんだろうけど、優しい温かみを帯びた銅の色をしてました。

大事に使ってんだろうなぁ…

うちの真っ黒のやつ、かわいそだなー。

f:id:camp-camp-camp:20180927101809j:image

ってことで、家に帰りお酢でヨゴレ取り開始。

鍋に水と酢を9:1で入れコッパーケトルを鍋の中に入れて火にかけました。

グツグツ沸騰したら火を止め、そのまま数時間放置しました。

 

鍋から出してメラミン樹脂のクリーナーで磨きました。

f:id:camp-camp-camp:20181004191339j:image

見違えるほどきれいになりました。

銅製品にメラミン樹脂のクリーナーを使うと傷がつくとかかれてましたが、実用品なので傷はきになりません。

ほかにいいクリーナーなどあったら教えて欲しいです。

 

「アルペンマウンテンズ一社店」が10月25日にいよいよ誕生

アルペンマウンテンズ

名古屋にアルペンの新業態
アルペンマウンテンズ一社店


f:id:camp-camp-camp:20180926152641j:plain



ドライブをしているとアルペンの建物に看板が?




f:id:camp-camp-camp:20180930093626j:plain





アルペンアウトドアーズ春日井店に続く、アルペンの新業態が東山通沿いの名古屋市名東区一社にアルペンマウンテンズが10月25日オープンです。

ファミリーで山に行くことも多く、楽しみです。

名古屋(近郊含む)にある山系ショップ

モンベル栄店

モンベル長久手

ロゴス長久手イオン

好日山荘

石井スポーツ

SWEN 栄店
SWEN エアポートウォーク名古屋

WILD-1

あとは9月28日にオープンするららぽーと名古屋にアウトドアのお店がいくつか出店するようです。

LLビーン

スノーピーク

モンベル

ロゴス

蔦屋書店
Vivlant x Naturetones

スノーピークと蔦屋書店の店内にあるNaturetonesは一度のぞいてみたいです!