キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。夏は標高の高い避暑キャンプ中心です。

ふるさと納税の返礼でキャンプ用品

ふるさと納税

ふるさと納税の返礼でキャンプ用品がないかと探したところ、ありました。

小谷村

長野県の白馬の上に位置する小谷村のふるさと納税です。以前は、モンベルのポイントバウチャー(その時の返礼率は、5割でしたが、国の規制があり、今は3割が一般的です。)が主要な返礼品でしたが、今年はコールマンの商品です。

我が家では、木のDIYテーブルが重たくて、別のものを探してたところだったので、これにしました。がんばって作ったのに〜…涙。
DIYテーブル、見た目はいいけど重い、ガタガタと不安定と大不評でした…涙
【コールマン】ナチュラルウッドロールテーブル

ふるさと納税【コールマン】ナチュラルウッドロールテーブル/120 キャンプ BBQ アウトドア

価格:30,000円
(2018/8/12 21:02時点)

今年は、楽天ポイントが貯まっていたので、楽天ポイントで購入できるのか調べたところ、なんと楽天3万ポイント(3万円分)まで、1回の購入につき使用できます。

小谷村のその他の返礼品

【コールマン】インフィニティチェア

ふるさと納税【コールマン】 インフィニティチェア キャンプ BBQ アウトドア ピクニック 星空 運動会 2018年新商品

価格:18,000円
(2018/8/12 21:06時点)

【コールマン】エナメルディッシュウェアセット

ふるさと納税【コールマン】 エナメル ディッシュウェアセット キャンプ BBQ アウトドア ピクニック 運動会

価格:13,000円
(2018/8/12 21:08時点)

【コールマン】パワーハウスLPツーバーナーストーブ

ふるさと納税【コールマン】 IL パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 キャンプ BBQ アウトドア

価格:34,000円
(2018/8/12 21:11時点)

【コールマン】アウトドアワゴン

【ふるさと納税】重い荷物やたくさんの荷物をまとめてらくらく運べて収納時はコンパクト アウトドアワゴン キャンプ コールマン

価格:23,000円
(2018/8/12 21:12時点)

【コールマン】クアッドマルチパネルランタン

ふるさと納税【コールマン】クアッドマルチパネルランタン キャンプ アウトドア

価格:21,000円
(2018/8/12 21:08時点)

【コールマン】ファイアプレイステーブル

【ふるさと納税】焚き火を囲んで団らんを楽しめる囲炉裏テーブル コールマンファイヤープレイステーブル キャンプ アウトドア

価格:27,000円
(2018/8/12 21:35時点)
感想(4件)

【テントファクトリー】ZELロールトップテーブル

【ふるさと納税】TENT FACTORY(テントファクトリー)ZELロールトップテーブル90 BBQ、キャンプ、アウトドア

価格:30,000円
(2018/8/12 21:17時点)

【ニュートラルアウトドア】自立式ハンモック

【ふるさと納税】ニュートラルカラーの自立式ハンモック キャンプ アウトドア

価格:25,000円
(2018/8/12 21:15時点)

【ニュートラルアウトドア】GEテント4.0

【ふるさと納税】4~5人家族にちょうどいいゲル型テント ニュートラルアウトドアGEテント4.0

価格:100,000円
(2018/8/12 21:15時点)

このGEテント、アスガルドみたいですよね!
シロクマついてないだけだけど…

桜清水コテージ 〜 美ヶ原高原 〜

美ヶ原高原

悪天候のためコテージ宿泊した翌日の天気は晴れたり曇ったり。

でもせっかく来たので美ヶ原高原まで行ってみました。

 

美ヶ原高原は17年前に母に連れられて来ました。くねくねとした道を上がってくるとドカーンと見晴らしの良い高原に出てすごく印象的だったんです。

 

桜清水コテージからトレッキングで片道90分。

車だとクネクネ道を30分。

今回は天候不安なので車で行きました。

 

f:id:camp-camp-camp:20180811070343j:image

 

夏場は牛が放牧されてます。こんなとこで放牧されてるなんて幸せな牛たち。

びっくりするほど涼しい。

 

f:id:camp-camp-camp:20180811070613j:image

ポニーもいました。

ニンジンあげたり。

 

f:id:camp-camp-camp:20180811070729j:image

鐘鳴らしまくったり。

f:id:camp-camp-camp:20180811071643j:image

空に向かって走ってみたり。

(大人は息切れします!標高2,000m)

 

遠くに王ヶ頭ホテルがみえてそこまで歩こうかと言ってたら雨がポツポツ…ザァーっと降って来たので急いでパーキング近くにある山本小屋ふるさと館へ。

 

ここでピザと山賊カレーを頂きました。

f:id:camp-camp-camp:20180811071817j:image

f:id:camp-camp-camp:20180811071833j:image

お土産もゆっくり見れて美味しいごはん。

山賊カレーの山賊はチキンの竜田揚げがどーん。

 

ごちそうさまでした。

帰り道、どんどん気温があがってきます。

名古屋は40℃…。

やはり山がいいなぁ。

 

 

桜清水オートキャンプ場 〜悪天候のためキャビン変更〜

桜清水オートキャンプ場は美ヶ原高原まで車で30分、歩いて片道90分ほどの距離にあるキャンプ場でコテージ宿泊も可能です。

http://www.sakurashimizu.jp/

 

キャンプ予定で予約をしていたのですが、台風が来てたため、行くこと自体をキャンセルするべきかなぁと悩んでました。

『台風だからキャンセルしますか?』とキャンプ場から直々にお電話まで頂きました。

私はずっと行きたかったキャンプ場であることを伝えギリギリまで考えたいと伝えたら、快く、『当日の朝まで考えてくださいね。キャンセルはそれからでもいいですよ』と言って下さったので、ギリギリまで悩みました。

 

台風は直撃はしないものの、大雨予報はあたりそうだったので今回は急遽コテージに変更していただき行って参りました。

f:id:camp-camp-camp:20180731202534j:image

キッチン、ベット2台&お布団2組、トイレ、お風呂がついてます。

この大きさで1泊19,800円です。

か、快適〜〜〜♫

キッチン用品も一通りついてますし、レンタル品も豊富です。

f:id:camp-camp-camp:20180731202914j:image

受付には『カブトムシあげます』

子供らは大喜び。

カブトムシ、クワガタ選べます。

我が家はカブトムシ(♂)をいただき、コテージでずっとカブトムシと遊んでました。

雨だから良かったです。

 

コテージから徒歩5分のところに桜清水茶屋という蕎麦屋があります。

f:id:camp-camp-camp:20180731203336j:image

お昼はここでお蕎麦と山菜天ぷらをいただきました。

お店も広い畳部屋で落ち着きます。

外の雨音を聞きながら美味しいお蕎麦。

息子が『きょうはすごく楽しい日だ〜』と言ってました。

 

夕飯はたこ焼きと餃子。

妹家族がたこ焼き。我が家は餃子。

f:id:camp-camp-camp:20180731203743j:image

たこ焼き器は妹が持参しました。

おそらくレンタルではなかったと思います。

 

となりのコテージの方たちはバーベキューされてました。

受付の隣の池で釣りができますのでそこでとった川魚を焼いたりしてる方が多かったです。

 

また次回はここでテントはりたいですね。

上高地 小梨平キャンプ場 〜徳沢キャンプ場視察〜

小梨平キャンプ場~徳沢キャンプ場

小梨平キャンプ場から6.5km離れたところにある徳沢キャンプ場視察へ行ってきました。

わりと平坦な登山道が整備されているとのことだったこと、途中の明神池に「朝焼けの宿 明神館」という休憩場所があったので2歳、4歳の子供たちも歩けるかなということで歩き出しました。

f:id:camp-camp-camp:20180722172422j:image

朝、キャンプ場を出て「朝焼けの宿 明神館」に向かう間にたくさんの登山客と一緒になりました。

韓国から来てる登山客が多かった。

すれ違う登山客とおはようございます〜と挨拶をしながら爽やかなスタート。

急な坂道はなく、シナノキやシラカンバの緑のトンネルをポテポテ歩く。

林内は涼しくて水が溢れていて癒される。

小梨平キャンプ場から1時間半かけて「朝焼けの宿 明神館」に到着しました。

ここで休憩。私たちは気圧でパンパンになったポテトチップスをペロリ。

そこから徳沢キャンプ場に向かいます。

f:id:camp-camp-camp:20180722173725j:image

2歳児、まだまだ歩けそうです。

4歳児も徳沢キャンプ場まで歩くと意気込んでます。

 
f:id:camp-camp-camp:20180722214757j:image


f:id:camp-camp-camp:20180722214853j:image

 徳沢キャンプ場

「朝焼けの宿 明神館」を出てから1時間半ほど歩くと見えてきました。

f:id:camp-camp-camp:20180722174122j:image

徳沢キャンプ場!

キャンプ場横には「氷壁の宿 徳沢園」があります。

f:id:camp-camp-camp:20180722174803j:image

赤色の屋根がかわいい建物

みちくさ食堂

そしてこの建物内にある「みちくさ食堂」に。私、30年前に食べた野沢菜チャーハンが美味しかった記憶があったので野沢菜チャーハンを頼みました。

f:id:camp-camp-camp:20180722175543j:image

f:id:camp-camp-camp:20180722175600j:image

これ、美味しいです。

付け合わせのスープも本当に美味しい。

当時、子供だった私は野沢菜?食べれないしと思って口にしたら想像以上のおいしさで驚いたのでした。

4歳児と2歳児も美味しいと食べてました。

デザートはソフトクリーム。ここのソフトクリームも美味しくて有名ですね。

f:id:camp-camp-camp:20180722195535j:image

うんまー!

 

ここでゆっくり休憩し、小梨平キャンプ場に向けて歩きました。

抱っこ紐2組あったので4歳児も2歳児もおんぶです。

大人は将来の登山の練習だと思い黙って背負って帰りました。

小梨平キャンプ場に到着したのは午後3時。

それから梓川に入って遊び、早めにお風呂に。


f:id:camp-camp-camp:20180722215033j:image

小梨平キャンプ場からみえる山々。

f:id:camp-camp-camp:20180722200006j:image

左を仰ぎ見ると焼岳。

 

子供たちの歩ける距離が伸びていて驚きました。4歳児は今日だけで7キロくらい歩きました。2歳児も4キロほど。

 

いい一日でした。

 

 

上高地 小梨平キャンプ場 〜持ち物編〜

三連休を使って上高地の小梨平キャンプ場へ行ってきました。

大人2人、4歳と2歳の子供とのキャンプ。

あかんだな駐車場から上高地まではバスで移動し、バスを降りてからは15分ほど歩くと小梨平キャンプ場に到着です。

 

昨年はロッジ泊だったので荷物はあまり気にせず行けましたが、今年はテント泊。

ヒルバーグのNallo4gtが大活躍です。

 

直前まで悩んだのが持ち物たち。

今回持っていったのは以下の通りです。

 

夫のバックパック

●テント Nallo4gt ●Nanga寝袋×2個

●子供用寝袋

●パチノックスチェア×2個

ヘリノックスみたいな偽物

●ヘッドライト×1 ●ライター ●ナイフ

●抱っこ紐 ●着替え ●ビーチサンダル

●サーマレスト

 

私のバックパック

●メスティン×2 ●シェラカップ×4 

●箸、スプーン、フォーク ●スポンジ

●カップ ●ガス缶 ●バーナー ●タオル×3

●ヘッドライト×1 ●サーマレスト ●地図

●レインコート×2 ●薬 ●歯ブラシ

●シャンプーボディソープ

●ビーチサンダル ●クロックス×2 ●バッテリー

●着替え ●おむつ ●デジカメ ●LEDライト 

●抱っこ紐

 

子供のバックパック

●子供用パジャマ×2 ●肌着 

●望遠鏡 ●水鉄砲 ●トランプ ●iPad

f:id:camp-camp-camp:20180721120351j:image

以上の持ち物に、食材をソフトクーラーボックスに入れて行きました。

 

 

持ってけばよかったもの…ハッカ油スプレー

アブに刺されました。

 

いらなかったもの…シャンプー、ボディソープ

温泉にありました。

 

抱っこ紐は友人に借りて2つ持って行きました。

持って行って良かったです。

上高地から徳沢園まで片道6.4km、歩く距離が伸びてきた4歳児も帰りはバテバテで抱っこ〜となったので2つあって良かったです。

 

今回の上高地、日中はかなり暑くて温度も上がりました。

ウインドブレーカーとフリースを持って行ったけどフリースは出番がなかったかな。

夜、星を見るときに着たくらい。

去年の8月はフリースないと寒かったので夏でも要注意ですが。

 

荷物の軽量化…

これに尽きます。

奥琵琶湖キャンプ場 〜コープさまさま飯〜

奥琵琶湖キャンプ場

6月30日と7月1日の滋賀県の天気予報が雨から曇りになったので奥琵琶湖キャンプ場へ行ってきました。

初日は小雨が降り遠くで雷がゴロゴロする天気となりましたが、林間サイトなので雨は気になりませんでした。

f:id:camp-camp-camp:20180704193808j:image

ヒルバーグのナロ4GT

 

このテントほんとに優秀です。

お値段以上〜♩

というか、お値段相当〜♩といった感じです。

このキャンプ場、アリが多かったのですが、インナーテントがしっかり密閉されているため、テント内にアリが入り込むことはなく快適に過ごせました。

 

今回は妹家族も一緒に行ったので夕飯は妹家族がカレーライス。

ルウはS&Bの全粒粉カレー。

 

S&B じっくり焙煎 全粒粉カレーフレーク 中辛 140g×5袋

S&B じっくり焙煎 全粒粉カレーフレーク 中辛 140g×5袋

 

 

私はこのカレーフレーク大好きです。

スパイス感もしっかりあって、でも辛すぎず、ミルクで煮込んで子供達もたべれます。

f:id:camp-camp-camp:20180704195110j:image

我が家はバーニャカウダと野菜スティック、焼き鳥。

焼き鳥はコープの冷凍焼鳥を炭火で焼きなおしただけの簡単で間違いない一品。

f:id:camp-camp-camp:20180704194716j:image

f:id:camp-camp-camp:20180704194845j:image

冷凍食品だと保冷剤にもなるし食べる頃には解凍されてて一石二鳥な気分になります。

コープの冷凍食品シリーズはキャンプにもおススメです。過去には冷凍ハンバーグ、冷凍けいちゃんをキャンプで食べましたがとても美味しくて友人にも好評でした。

 

朝はピザを焼きました。

生地は家で作ってきたものにトマトソース、ベーコンとチーズ。

ピザ釜がないので、焼きそば用のアルミプレートを2つ利用して焼きました。

f:id:camp-camp-camp:20180704195448j:image

火の回りがあまりよろしくなくて時間はかかりましたがなかなか美味しく焼けました。

f:id:camp-camp-camp:20180704195522j:image

生地(天板30cm角一枚分)

★強力粉 300g

★塩 5g

★ドライイースト 2g

★オリーブオイル 大さじ1

★ぬるま湯 150ml

 

ボウルに強力粉、塩、ドライイーストを混ぜいれ、中央をくぼませてオリーブオイルとぬるま湯を注ぎ、手で10分程度こねる。

生地がまとまったらサランラップをかけて2倍の大きさになるまで発酵させる。

丸め直したものをビニール袋にいれて、キャンプ場へ持って行きました。

 

成型はめん棒でも手で伸ばしても大丈夫でした。

 

お外で食べるごはんは美味しいです。

またこれをやりたくてキャンプしてるんだなぁと思いました。

暑かったですがとてもいい時間を過ごせました。

ファミキャン2年目 〜購入したもの〜

ファミキャンはじめて1年経過しました。

去年から買い換えたもの、買い足したもの編。

 

●ヒルバーグ ナロ4GT

f:id:camp-camp-camp:20180702202855j:image

 

登山キャンプを見据えて購入してしまいました。とにかく軽い!4人用で3.6kgほど。

インナーがフライシートに最初から取り付けられているため、設営、撤収共に簡単ラクラク。

お値段かわいくないですが、メルカリの売り上げをこのテントに費やしました。

 

●チャムス シェラカップ

f:id:camp-camp-camp:20180702203207j:image

 

チャムス ブービーシェラカップ

チャムス ブービーシェラカップ

 

 

山に行くときもキャンプでも軽量だしスタッキング可能だし。これで飲み物からカレーライスまで幅広く使えて便利です。

 

●コールマン バーナー

f:id:camp-camp-camp:20180702205039j:image

 

コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535 【日本正規品】

コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535 【日本正規品】

 

 

以前、家で使うカセットコンロを持参し高所でキャンプした時にまったく使い物にならなかった経験からこちらを購入しました。

コンパクトに折り畳めて便利です。

 

 

●シアトルスポーツ ソフトクーラーボックス

 

 

SWENのナディアパーク栄店にふらっと立ち寄った際にサンドカラーに一目惚れして購入しました。

しっかり容量もあり、保冷力もちゃんとあります。

 

●スノーピーク パイルドライバー

 

 

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

 

 

ファミキャンをされてる先輩のおススメで購入しました。

今まではタープポールにランタンをさげてましたが、パイルドライバーがあれば明るくしたい場所に簡単に打ち込めてランタンが使えます。

すごく便利です。

 

●ナンガ 寝袋×2

 

 

 

●モンベル ファミリーバッグ 寝袋×2個

f:id:camp-camp-camp:20180703080411j:image

 

 

今までは格安で売ってた寝袋を購入し使ってましたが、秋にはそれでは寒すぎるのと、登山キャンプには不向きだったので思い切って購入しました。

ナンガは大人用。モンベルは子供用として使ってます。

 

まだこれから欲しいものが出てくるのかもしれませんが…

今のとこはこのアイテム達で満足してます。