キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。

ファミキャンはじめました

ファミキャンはじめました

Instagramでちょいちょい見かける素敵なキャンプ写真。あんなん憧れだわぁ〜といいね!を押し続けていた日々。

まさかキャンプを始めることになろうとは…きっかけは思わぬ臨時収入があったからというのと、車の車検が切れたから。

臨時収入に関しては流行りの仮想通貨ですね。その恩恵にあやかりました。

車はまぁ古くなったし、車検きれるしどうせなら荷物詰めるのにしようかと。(それでも中古車を購入ですけど)

あとは子供が少し大きくなり(幼稚園年少さんと今年2歳になる男児)、外遊びさせないとお互い息がつまる。

家に一日中いようもんなら、あれこれ壊れます。既にソファをやられ廃棄しました。

子連れで街にいてもなかなか遊べず、うるさいし迷惑もかけるので山へ行こう!というわけです。

それでも家はマンションで狭いし、階段もあるし荷物どこに置こうかなどと思いましたが、夫婦ともに元気なのでそこは体力でカバーしてます。

 

夫は大学生に在学中に休学してアジア横断、バックパッカー経験済。(2000年、中国、上海→ウルムチ→敦煌→チベット、ラサ→エベレストベースキャンプ近辺→ネパール、カトマンズ→インド、バラナシ→パキスタン、フンザ→ペシャワール→イラン、イスファハン→トルコ、カッパドキア→イスタンブール→ハンガリ、ブダペスト→オーストリア、ウィーン→イギリス、ロンドン→フランス、パリ)


f:id:camp-camp-camp:20170910155355j:image

私は小学生の頃に両親に連れられて登山(覚えてるのは涸沢だけですが、何度か登山経験あり)と、大学卒業後、旅行会社勤務を経てオーストラリア一周バックパッカーで旅をしました。

夫婦ともに、ここ15年くらいはそんなことも忘れて生活していましたが、キャンプやるなら今でしょ!という訳ではじめてみたのです。

 f:id:camp-camp-camp:20170720222243j:image

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

つぐ高原グリーンパーク〜2家族で〜

                               つぐ高原グリーンパーク

2家族…というほどではないですが車二台で行ってきました。

私たち家族 (男3:女1)、妹と姪っ子(5歳)。

これで男女比3:3ということでチーム男子とチーム女子にわかれて出発です。

我が家のカングーゼンには、テント、タープ、コット、テーブルを積み込み、もう一台のダイハツココアにチェア、寝袋を積み込みました。

妹のココアにはなんとルーフキャリアがあるので便利です。

二台をサイトにとめることはできないので、荷物を降ろしたら受付のパーキングへ。

f:id:camp-camp-camp:20170718154510j:image

食事は夕飯が焚き火台で焼いた肉&メスティンで炊いたご飯。それに津具で取れたトマト。

f:id:camp-camp-camp:20170718162829j:image

 f:id:camp-camp-camp:20170718162910j:image

おやつは焼きマシュマロ。

焼きマシュマロは外国っぽく枝に刺して焼きたかったのですが、適当な枝がなく割り箸で。

f:id:camp-camp-camp:20170718162744j:image

焼きマシュマロは一瞬にして焦げてアフロみたいになるので注意が必要です。

 

このつぐ高原グリーンパーク、30年ほど前に来たことがある私たち姉妹。

その時は、叔父さんがバーベキューしてくれました。その叔父さんはバーベキューやってから数年後に若くして亡くなってしまったけど。

と思い出話になりました。

今回のキャンプ、子供たちの心に何か残せたかなと思い返しながらブログを書きました。

 

今回のメモ…マシュマロは目を離すとアフロになる。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

つぐ高原グリーンパーク

つぐ高原グリーンパーク

愛知県北設楽郡設楽町津具、標高900mにあるキャンプ場、道の駅、ペンションなどがある施設。

今回は名古屋から2時間、愛知県内でキャンプです。初キャンプの妹と姪っ子も一緒に参加。かくいう私たちもファミキャン3回目なんだけど。

まずは道の駅の中が以前より変わってました。

お土産が並んでいたところに…

f:id:camp-camp-camp:20170718141426j:image

キャンプ用品店ばりに売場ができています。

SOTOってアウトドアメーカ、てっきり海外の会社かなぁと思ってたら本社は愛知県豊川市。知らなかった。

f:id:camp-camp-camp:20170718141532j:image

 f:id:camp-camp-camp:20170718141544j:image

買い忘れもここで対応できそうです。

チェックインタイムは14時なのでここで、ランチをとりました。

三連休ということもあり、キャンプ場は満員です。

テントとタープを張り、今回はお初のユニフレームの焚き火台を設置!

車を停めても子供達が遊ぶスペースあり子供は楽しげ。

そして、名古屋で蒸されまくってた私たちは涼しくて感動。

夜はキャンプ場内の小川の周りを蛍が飛び交い幻想的でした。

子猫くらいのでっかいカエルがバーベキューを見に来てました。

f:id:camp-camp-camp:20170718143621j:image

【送料無料】ユニフレーム(UNIFLAME) BBQ&七輪&焚火台 ファイアグリル 683040 グリルキャリーケース プレゼントセット!【焚き火 アウトドア バーベキュー】【PBgb】

価格:6,900円
(2017/7/18 16:33時点)
感想(631件)

夜中から雨、、、

雨対策が不完全な私たちはヒヤヒヤオロオロ。

不安すぎて眠れず。

朝にはやみました。

帰りに受付のおじさんが、雨降ったからポイント1つ多く押しておくね。とおまけのポイントカードをくれました。

 ほっこりしました。

 

今回のメモ…山の天気は変わりやすい。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

平湯キャンプ場 〜子供の服装〜

6月

6月に行った時は下界は蒸し暑かったのですが、平湯に到着した時点で少しひんやり。

それでも夕方までは長袖シャツですごせていました。

温泉入って外に出たら…さ、寒いかも?!

大人は長袖シャツにウインドブレーカー、さらにトレーナーを着、子供達は冬のパジャマ(肌着、長袖)にスリーパーを着せて寝ました。

 

7月

そして、7月。

下界は蒸し蒸し、蒸し暑く…日陰でもドヨーンとうだるような暑さ。平湯へ到着すると、あれ?蒸し暑さがない。確かに日光は力強く照らしてるのに、ドヨーンという感じがなく、昼間は半袖シャツ。温泉の後は子供達は冬のパジャマを着せて寝かせました。

 

川は冷たくて足をやっとチョンチョンできるくらいの水温。

今回は替えのTシャツがないという凡ミス。

平湯キャンプ場で子供用のTシャツあれば買おうかなと思いましたが、大人用しかないんですね。残念!

 

8月は上高地が控えてます。(キャビンステイだけど)

当たり前だけど平湯より寒かろうもん。

 

今回のメモ…

Tシャツは何枚あっても大丈夫。

夜はまたスリーパー持参かな。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

平湯キャンプ場 〜食事編〜

お食事処あんき屋

キャンプ初心者で悩ましい食事…

でもここの平湯キャンプ場ならそれも解決してくれます。


f:id:camp-camp-camp:20170910221201j:image

隣にはお食事処あんき屋があります。

先月、平湯に行った時にあんき屋で夕飯を食べてからテントに戻り寝た私達。

あんき屋のジンギスカン定食(1,150円)が北海道で食べたジンギスカンの名店よりも美味しかった。

ただお腹空いてただけ?と思うかもしれませんが、ほんとに美味しい。

 ちゃんと奥飛騨育ちの羊の肉を使ってるとのこと。少し甘めのタレと焼き野菜にラム。

ボリュームもありコスパ最高!

考えてるだけでまた食べたくなりました。

キャンプご飯

息子はテントでなぜ夕飯を作って食べないのか、とブーブー言ってたので2回目になる今回は自炊に挑戦です。

メニューは…ジンギスカンと白いごはん。

ジンギスカンは冷凍味付けまでしてある肉。お肉はニュージーランド産ですね。

玉ねぎ、キャベツ、ピーマンをカットして事前に冷凍したものを使用。

便利だけど、冷凍はピーマンだけで十分だなと。冷凍玉ねぎ、キャベツはあまり美味しくなかったです。

米は『龍の瞳』という岐阜県美濃地区で作られたお米をメスティンで炊いてみました。

 

ラージメスティンを使用し三合炊き。

f:id:camp-camp-camp:20170712120335j:image

Trangia(トランギア) トランギア210メスティン TR-210クッカー クッキング用品 バーべキュー 単品クッカー 単品クッカーアルミ アウトドアギア

価格:1,728円
(2017/7/18 16:28時点)
感想(19件)

epiガス使用、沸騰したら一度蓋を取り中のお米をかき混ぜ、また蓋をかける。

そのままお米が少し焦げるくらいまで待つ…ひたすら鼻を近くにつけてクンクン嗅ぎながら米を炊く。

火力が弱いからかな?20分ほど待ったところで少しおこげができたような匂いがしたので火からおろし、タオルに包んで蒸らしタイム。

 

初めてにしてはご飯は美味しく炊けました。

龍の瞳、米粒がおおぶりでもっちり甘い。

翌日の朝は残ったご飯で焼きおにぎり。

f:id:camp-camp-camp:20170712131743j:image

次回は何作ろうかな。

キャンプ飯、なかなか奥深くて面白いです。

 

今回のメモ…

野菜を冷凍するならピーマンだけ。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

平湯キャンプ場

平湯キャンプ場


f:id:camp-camp-camp:20170711224233j:image
先日、平湯キャンプ場に行って来ました。

最近気温が高くなってきたので、風呂に入ってさっぱりとしてから寝たいと思い、キャンプ場の近くに温泉がある場所で、涼しい場所はないかと考えて今回は平湯キャンプ場にしました。

【送料無料】スノーピーク(snow peak) アメニティドーム M+ショート頑丈ペグ4本セット×3【2点セット】 M SDE-001R【あす楽対応】【SMTB】

価格:35,424円
(2017/7/18 16:38時点)
感想(1件)

スノーピーク snow peak HDタープ“シールド”・ヘキサ(L) TP-862 [タープ ヘキサ]

価格:36,504円
(2017/7/18 16:41時点)
感想(5件)

 

ひらゆの森


f:id:camp-camp-camp:20170711232445j:image


f:id:camp-camp-camp:20170711232501j:image

 

平湯キャンプ場の近くには、ひらゆの森という温泉の温浴施設(宿泊もできます)があります。平湯キャンプ場利用者で管理棟でチケットを買うと大人1人300円で入れます。とても雰囲気が良くて、泉質も最高です。特に露天風呂は、山々が見える最高の景色の中で入浴できます。

 

 到着をしたら、まず管理棟に行き、利用料を払います。そこで車の通行証をもらい、オートキャンプサイトへ向かいます。キャンプ場の中に入って、杭が打たれている区画の中で、木々に囲まれた気持ちの良さそうな広めな区画にしました。

すぐにスノーピークのテント+タープを設営しました。

 

 

 平湯大滝


f:id:camp-camp-camp:20170711225007j:image

 

平湯キャンプ場は2回目ですが前回は、観光はしなかったので、今回どこかへは行きたいと思い、平湯大滝に行って来ました。

ここは、夏場訪れると最高だと思います。

滝の水のおかげで、とても涼しいです。

また、円状の空間になっているので、独特な空気感があって気持ちが良いです。

ずっとここにいたくなるような素敵な場所でした。

平湯民族館

f:id:camp-camp-camp:20170711234514j:image

2日目の朝、早く目が覚めたので、朝食を食べて、8:00から開いている平湯民族館の温泉に行ってきました。小さな脱衣場があるだけのこじんまりとした温泉ですが、お湯がとても良いです。少し熱いですが。入浴料は、寸志ですが、維持管理されているので、外の箱に300円入れてきました。

まとめ

平湯自体とても魅力的ですが、

平湯は、魅力的な場所への起点にもなります。

  • 上高地 (あかんだな駐車場よりバスにて)
  • 乗鞍畳平(ほおのき平駐車場よりバスにて)
  • 新穂高ロープウェイ山頂展望台(車にて)
  • 白骨温泉(車にて)

魅力的な場所を家族と一緒にじっくりと堪能していいきたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村