キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。

鹿嶺高原キャンプ場

天空キャンプ 鹿嶺高原キャンプ場

中央道の伊那で降り、目指すは標高1800mの鹿嶺高原キャンプ場です。

 

f:id:camp-camp-camp:20170729224806j:image

桜で有名な高遠の町を通り抜け、

細い道をぐねぐねと上がって行きます。

途中、何回か眼下に街が見えます。もう鳥になった気分です。

まだかまだかとどんどん上がります。

f:id:camp-camp-camp:20170729224852j:image

今日は一台とすれ違いました。

到着です。

ゼーハーゼーハー
酸素が薄いです。

f:id:camp-camp-camp:20170729225131j:image

小雨が降り出し、雲の中にいるかのよう。

そして、他のキャンパーは…

いません。

雨のためキャンセル続出したとのことで、我が家のみ。貸切です。

なんと豪華。

きのこキャビン

今回は雨降りとのことなのでテントは諦めて、きのこキャビンに泊まります。

f:id:camp-camp-camp:20170729225448j:image

夕方にはすっかり気温が下がり、肌寒くなってきました。蒸し暑いとこから来た私たちはそれだけで嬉しい。

さ!焚き火〜焚き火〜と火をつけたのですが、全然、薪に火がつかない。

着火剤が残り一個になってもつかず、管理人さんのところへ走る私。

管理人さんがヘルプで来てくださいました。

新聞紙とうちわで着火完了。

もう神です!ありがとうございます!

雨が降ったりやんだり、たまに雲の合間から星が見えました。

焚き火がなかったら寒すぎました。

(あーなんて贅沢)

 

きのこキャビンは毛布もついてるし、電気もあるし快適です。

子供達は管理人さんの息子くんときゃっきゃっと遊んで8時半には寝ました。

 

そこから寒い中の焚き火タイム。

標高1800mの場所で焚き火してる人がこの世の中に何人いるんだろ?

鹿嶺高原キャンプ場は日本で2番目に標高が高いところにあるみたい。

そして、鹿が多く生息してるようで、夜中に2回ほど鹿の鳴き声。キィーーー!(女性の悲鳴に聞こえる)

 

朝はまだモヤモヤっとガスの中。

f:id:camp-camp-camp:20170731060250j:image

朝ごはんは夕べの残りのアヒージョにパスタをあわせて、オイルパスタに。

あとは明宝ハム。この明宝ハム岐阜県の特産ですね。スーパーで売ってて高いけどやはり美味しいです。

f:id:camp-camp-camp:20170731060440j:image

 

12時にチェックアウトして下山しました。

 

鹿嶺高原キャンプ場、またトライしてみたいところです。

このキャンプ場は薪は600円で販売してますが、それ以外は山に上がる前にある、道の駅南アルプス村長谷で購入することをオススメします。

 

今回のメモ

次回は焚き火が自力でできるように…。 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村