キャンプ!キャンプ!キャンプ!

走れキャンパー!夫婦&子供2人。2017年夏からファミキャンはじめました。ファミキャン初心者が始めるファミキャン初心者情報サイトです。夏は標高の高い避暑キャンプ中心です。

平湯キャンプ場 〜ゴールデンウイーク6日間〜

平湯キャンプ場 〜ゴールデンウイーク6日間〜

今年のゴールデンウイークは長かったですね。

前半は天気が悪かった…そして天気予報はちょいちょいはずれる。

我が家は雨予報から曇り予報になったので高山市の平湯キャンプ場決行しましたが、最初の3日間は降ったりやんだりでした。

f:id:camp-camp-camp:20190707080129j:image

平湯キャンプ場の受付には4月下旬に雪が降ったため、雪がたくさん残ってました。

子供らは大喜び。私もちょっとテンション上がる。

道は雪は残ってませんが、脇道は除雪した雪がこんもり。

キャンプ場内にも。

f:id:camp-camp-camp:20190707080341j:image

灯油ストーブ、フリースにダウンジャケット必須です。

 

今回はノルディスクのアスガルドに石油ストーブを入れ、眠る時は山岳用のエアマット(ニーモ テンサー)を敷いてからシュラフにしたので、寒さは問題ありませんでした。

 

f:id:camp-camp-camp:20190707080819j:image

夜は石油ストーブの灯りでテント自体が大きなランプのよう。

 

 

camp-camp-camp.hatenablog.jp

 

松本城

雨だったので、平湯キャンプ場から安房峠を越えて、沢渡を通過し松本市まで行ってみました。

松本市も曇り。

f:id:camp-camp-camp:20190707081000j:image

松本城見学。

子供らはここでポケゴーしたり、忍者いるかなと城の周りをウロウロしたりしました。

ゴールデンウイークのためかなりの人。天守閣へ入るには整理券を受け取らないと入れませんでした。

私たちは早々に諦め…

蕎麦を食べるべく移動。

松本市内にはステキなお店がたくさんあって入ってみたいとこもたくさんありましたが、なんせ野犬のような子供たちがいるのでそれも諦めました。

新穂高ロープウェイ

f:id:camp-camp-camp:20190707081701j:image

この写真は晴れた日に

shinhotaka-ropeway.jp

から見た山々。

ロープウェイより手前にある「水明館佳留萱山荘」の温泉に行く予定でしたが、現在工事中のため閉鎖されていたので、足を伸ばして山でも見に行こうとなりました。

水明館佳留萱山荘」は450m2の広さの混浴露天風呂。工事が終わったらまた行きたいです。

 混浴は勇気いりますけどね。でもこの歳になると怖いものも減るってもんです。女性は混浴用にゆあみ着のレンタルもあるし。

f:id:camp-camp-camp:20190707082429j:image

奥穂高、槍ヶ岳、3000m級の名峰が近くにみえる。岐阜県出身の友人家族も一緒たったんですが、彼らははじめてのロープウェイでこんなに山々が見えることに驚いてました。

すごいでしょ、岐阜。

f:id:camp-camp-camp:20190707082652j:image

これは別の日に上高地へ行った時に見た梓川と焼岳。夏に見る焼岳とは雰囲気が違うなぁ。

梓川の水量と冷たさには毎回驚かされる。大きな山々からの雪解け水がごうごうと音をたてて流れ、その流れを見ていると街の中での生活の煩わしさが洗われて流れてゆく〜。

この日、夫は上高地から西穂山荘を目指し一人でアタックしました。

アイゼンつけて行ったんですけど、登山口で猿の集団に会い、七合あたりで断念して戻ってきました。

 

6日間、平湯キャンプ場をベースに方々に遊びに行けました。

長いようで短い6日間。

もっといたかった。そして私たち以外の方もかなり長い間、平湯キャンプ場にいました。

 

次はいつこれるかなぁと言いながら山を降りて名古屋に戻りました。

ああ、さみしい。